忍者ブログ

ながいしんかのブログ

ながいしんかです。音楽を作って小説を書いて

   
カテゴリー「日記」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボカロ習作3作目

DTMの練習をできるうちにできるだけやろう、ということで、
次にコピーして練習する曲を探してみました。

楽譜屋さんで、どんなのがあるかなぁ、
できればギターがない曲で打ち込みだけで対応できそうな曲は、
何かないかな、としばらく探していると、
目に入ったのが、
GIRL NEXT DOORさん。

GIRL NEXT DOORさんも楽譜が発売されているのか、
と見てみると、
「情熱の代償」の曲名を発見。
エイベックスサウンドの楽譜を見てみたい、というのと、
「ギラギラ」っていうドラマを見ていて、
この曲の印象が強かったので、
この曲を選ぶことに。

で、楽譜を購入したんですが、
原曲をよく聴いていると、
このシンセサウンドを再現できるんだろうか、
と不安になってきました・・・。
ちと、無謀だったかな。
あ、ギターパートもあるじゃん。どうしよう。

楽譜を見てみると、コードは6つと最後にちょっとだけもうひとつ出てくるので7つだけ。
少ないコード数なんですね。

「しんか」が使っている「SONAR X1 STUDIO」にはZ3TA+というソフトシンセが
付属しています。
これは主にトランス系の音楽を作るのに最適というものなんです。
エイベックスサウンドを作るのにぴったりでは、と思ったのですが、
使い方が今ひとつわからない・・・。

プリセットだけで対応したかったのですが、
そんなうまくいくはずもなくて、
音探しに相当苦労してしまいました。

最新版の「Z3TA+2」はプリセットも増えているので、
こちらを使った方が良かったかなと思いました。

いずれにしても、シンセサイザーの使い方にもっと習熟しないと、
かなり難しいと思いました。
欲しい音に近づけるスキルをつけないと、と思いました。
勉強勉強です。

ボーカル面では、
今回はIAさんに力強く歌わせなくては、
というのが全面に出てしまって、ちょっと失敗したかも。

ちょっと悔しさいっぱいの完成となりました。

下手でも完成させて、アップして、「下手」って言われるのが、
たぶん今の自分にとっては大事かと思うので、
アップを続けていこうと思います。


拍手

PR

ボカロ2曲目できました。

DTMの修行を開始して、まだわずかですが、
ボカロ2曲目がなんとかできました。

今回は、AKB48さんの「桜の木になろう」です。

この曲を最初に聴いた時、すごく良い曲だなぁと感じてました。
すごく心を揺さぶられる曲ですね。

DTM初心者で、ギターも少しだけ練習をはじめたのですが、
まだまだギターは実戦投入というわけにはいかない状態です。
そこで、この曲は、ギターパートがない曲なので、
打ち込みでも再現しやすいかな、と練習曲に選びました。

ただ、打ち込みを開始すると、登場する楽器が非常に多くて、
大変ということがわかりました。

ピアノ、ドラム、ベース、ストリングスなどの基本的な楽器から、
マラカスやトライアングル、ベルなどいろいろな楽器が登場して、
打ち込みに時間がかかりました。

そのような楽器は、「Sonar X1 STUDIO」のなかの
「Roland GrooveSynth」というソフトシンセのなかに、
ちょうどよい音があったので、それらを選びました。

今回は、
「V-VOCAL」の使い方も徐々になれてきて、
ボカロの調整に使いました。

ただ、声質がもっと低い声のボーカロイドの方が良かったのかもしれません。

で、前回よくわからなかった
音圧ですが、
「Boost11」の使い方を調べて使用してみると、
少し良くなったかな、という感じにできあがりました。

出来上がったのが以下のです。


作っている途中で、
AKB48さんのように大人数で歌っているように作るにはどうしたらいいんだろう、
と壁に当たってしまいました。

調べてみると、ハーモナイザーというプラグインもあるようです。
ただ、高すぎてちょっと手を出せない感じです。

ボーカロイドのいろいろなライブラリをゲットして、
違う声質のボーカロイドたちに歌ってもらうと、
良いのかな、とも思ったりしました。

結局、上下でハモリのパートを作りましたが、
イマイチだったのかなー?
難しいです。

出来はまだまだだと思いますが、
ピアノだけの曲から、たくさんの楽器が入っている曲ができて、
喜びも増しますね。

今後の課題は、クオリティーのアップはもちろんですが、
打ち込みにかかる時間の軽減をはかりたいんです。

今はちょっと一曲打ち込むのに時間かかりすぎてます。

拍手

DTMスタート。そして、はじめてのボカロ

DTMをやりたいと思ってから、時間がかなり経ちました。
少しずつ機材を揃えていて、やっとDTMをやるのに
最低限の機材が揃ったと思います。

そして、VOCALOID3の「IA -ARIA ON THE PLANETES-」というソフトもゲット。
このソフトは結構高かった・・・。

何はともあれ、一応揃ったので、
打ち込みをはじめてみよう、と思ったときに、
いきなりオリジナルソングを作るスキルもあるはずがなく、
しばらくはカバーソングをたくさん打ち込んで練習していきたいと思います。

最初はどんなものを打ち込もうか、となった時に、
いきなりバンドみたいなのは、打ちこむパートが多くて
大変だろうということで、
ピアノだけでも、良さそうな曲を探してみました。

Kiroroさんの「長い間」です。
透明で美しい声が「IA」に合うのでは、
という計画です。

【制作の試行錯誤・・・】

まず、楽譜をゲットしてきたのですが、
原曲と合わせて聴いてみると・・・、
あれ?なんか違う。

Kiroroさんがピアノ弾き語りしているものとは違うアレンジだと
気づきました。あちゃー。

でも、もったいないしな、
この楽譜でやってみよう。

使うソフトは、「SONAR X1 LE」です。

ピアノだけだから、簡単かなぁーと思っていたのですが、
む、むずい・・・。
こんなむずいの弾けませーん。

ということで、ちょっと入力してはマウスで修正、というのを
繰り返す作業。
大変な時間がかかっちゃいました。

鍵盤の演奏能力も必要ですねぇ。

で、なんとか、ピアノの伴奏は完成。

そして、楽しみなボカロの出番です。
ソフトで歌ってもらえるなんて
なんて良い時代になったのでしょうか。

ただ、ボカロエディタで編集していたのですが、
難しすぎる・・・。
音符の長さを何度も変えたりするので、
すごく大変。

うまくできないよぉ・・・。

そこに入ったのが、
「SONAR X1 STUDIO」の本家サイトのバーゲンセールのお知らせ。
この中の「V-VOCAL」を使ったら、
ボーカルのリズムを調整しやすいのではないか、
その淡い期待の元、
ドルで買いましてん。6000円。

ということで、
「V-VOCAL」を使用して、なんとかボーカルを調節。

なんどもなんども、やり直して、もう体力の限界だ。

よ、よし。
なんとかできたっぽい。

ボーカルもできたので、
次はミキシングなのですが、
音圧をあげるやり方が今ひとつ。

ということで、できあがったのが、
以下のです。

投稿したあと、他の曲を作ってたのですが、
本当にまだまだな実力ですね。
作業もかなり大変でした。
でも、はじめてDTMで一曲完成させることができて、
すごく嬉しいです。

 

拍手

プロフィール

HN:
ながいしんか
性別:
男性
自己紹介:

これまでに書いた小説

これまでに書いた小説

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メールは以下のフォームからどうぞ

最新コメント

[06/24 しんか]
[06/24 とおりすがり]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- ながいしんかのブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]